こども食堂4月21日の様子

平成30年4月21日(土曜日)のこども食堂は、とても良いお天気に恵まれました(^▽^)/

「非常食を一緒に食べてみましょう!」という事で、那須塩原市知音食堂さんの外で開催されました。

沢山の親子が参加してくださいました、ありがとうございました。

みなさんは非常時の為に、どのような準備をしているのでしょうか?

 

〇非常食として、水・またはお湯を入れるだけでご飯がたべられるという、アルファ米を炊いて食べてみました。

 

 

缶詰もいろいろな種類があり、普段開封して食べたりしないものも

味わう事ができました。

里芋の煮物の缶詰が珍しく、美味しく味わいました。

子供達は缶切りを使った事がなく、初めての体験が出来ました。

 

那須塩原市のパン屋さん パン・アキモトさんより

こども食堂へ、缶詰パンを沢山いただきました。ありがとうございました。

こちらも、たくさんの味がありとても美味しくいただきました。

 

乾燥食材でお吸い物も作りました。

 

かまどで薪を燃やして、じゃがいもを蒸かしたり、卵をゆでたりしました。

今回、防災食をみんなで味わうことでいざという時に何が必要か?

備えが大切だと実感しました。

 

次回のこども食堂は

5月2日(水曜日)17:30より19:30

知音食堂さんにて行います。

お楽しみに☆彡

2018年04月25日